テーラー という 仕事

洋服屋は『福を売る商売』と宣伝文句では言います。

 お客様と着る時の事を想定しながら対話(ビスポーク)し、
着用シーン・お好み・気持ちなどを配慮し つくり上げていく
出来上がった服が良ければ、
着ていて気分が高まる・落ち着く…など、
気持ちの良い場を提供できるのではと思っています

 先日、あるテーラーさんからこういうお話をお聞きしました
私はテーラーが好きです
生まれ変わっても、やはりこの仕事をしたい
 お客様の体をじかに計らせていただく、
また、家のプライベートな部屋まで上がらせていただき、
洋服箪笥の中まで見せていただく
こんな親密に接する仕事は他には無いのではと言われていました

確かにお医者さんや昔の三河屋さん?(お米屋さん)は
部分的にはあるかも知れないけれども、
今の普通の商売の中では唯一かもしれない

それにお客様が服を作るタイミングを考えれば、
・本人の気分の良い時
・仕事などが上手く行っている時
・何かの転機で気持ちを高めていっている時
・・・など、ほとんどがお客様が
《良い波動を持っている時》 と言える
こんなタイミングでお会いさせていただけると言う事は、
テーラーとは素晴らしい仕事ではないかと思います

福を売る・・というより、
福をいただいているのはテーラーの方かもしれない

ただの商売としてではなく、
この道を選び、こういう場を与えられた立場に感謝し、
いかにお客様に喜んでいただけるかを考え、精進したいと思います

※思うままの言葉でまとまっていないかもしれません
最後までご清聴有難うございました
                                                                 大西

| 文化 | 17:15 | comments(0) | trackbacks(0) |
マイスターファクトリー=もの作り



平岩です。

今はもの作りと云っても多種多様で
オーダーと同じように百人百様です。

昨秋、開校したマイスターファクトリー=以後、スクールも
来月で1年目が終了し、10月から新たなカリキュラムがスタートします。

1年前、講師たちはスクールの主旨、目的を的確に捉え
スクール独自のカリキュラム作成にあたり、同業テーラーが集い
服作りにおいて、互いに最善の方法を考え、
裁縫や文化など考えられるカリキュラムを円滑に進める為の
コミュニケーションを図り、準備をしてきました。

群れないテーラーが刺激し合い、認め合い、高め合う。
貴重な準備期間でもありました。

開校後もカリキュラムが進むにつれ、専門性が高まると
講師、生徒共に問題点を共有し、考え、意識を高める工程は
スクールそのものの成長過程にも見えます。

10月から生徒たちは、教室を出て
研修先で実地の経営や作業を学ぶ事になります。

受け入れる店舗や工房では
各所に応じて、弟子のような立場になるかもしれません。
様々な経験を経て、生の現場を体で覚え、吸収して行くでしょう。
生徒たちがどのように成長するのか、、今から1年後が楽しみです。

画像の左は、先日、スクールを見学された
パリのスマルトでチーフカッターをされている鈴木健次郎氏です。
| 文化 | 16:06 | comments(0) | trackbacks(0) |
ファッションはオリジナリティーも大切!

  先日、『個性的な服を成人式に着たい』とオーダーがあった。

お客様のイメージをお聞きしながら、
茶系のチェックの生地で三ッ揃えでつくる事と成った。

 デザインを決めて行き、
上着はシングルブレスト・3個ボタン・チェンジポケット付、
ベストは普通の衿無しの4個ポケット、
ズボンは【ニッカポッカ】にしたいとお聞きした。

 ご存知の通りニッカポッカは英国でハンティングをする時に使われるもので、
乗馬やゴルフズボンとして使われる・・・正にアウトドア用の服である。

 ニッカポッカを穿く装いといえば、
エルボーパッチやガンパッチ付きの上着や、
サスペンダーで吊っただぶだぶのズボンが頭に浮かぶ。

 実際、お客様の着用時は室内が主になると想定される。
これを着たいというお客様の要望に添う為、色々と調整した。
 上着のパッチ類は無しでセンターベント・
ズボンはベルトループ付で、裾のタブリが出るようにしながら、
仮縫いで2度確認して頂き、モモから膝をある程度フィットさせた。
ボタンも黒のサキソニー生地を被せた包み釦となった。

 オリジナリティー溢れる良い服が出来上がったと思う
これこそオーダー服らしい逸品といえる

 作り手として色んなアイテムの歴史・背景などの知識は必要である。
しかし通例ばかりに捕われない様にしないといけないなと改めて思った。
正式な装い時のフォーマルな服は別として、
 新しいファッションは現状の皆と違うものが、「アッッそれ良いな!」という事で、
受け入れられたものに違いないのだから。


〜  つたない文章におつきあい いただき、有難うございました  〜 大 西 〜

| 文化 | 17:51 | comments(1) | trackbacks(0) |
オリンピック
 寺本です。

土曜日(平成22年2月13日)から
遂にバンクーバーオリンピックが始まりました。

始まる前からスノーボード國母選手の「服装のみだれ」について
色々騒がれているが、そこまでの事だろうかと正直私は思う。

TPOを間違えたファッションはここまでの騒ぎになるんだと
思い知らされた感じである。

自分を含め、お客様や周りの人達にも気を付けなければ
とんでも無いことになることもあると実感した出来事である。


| 文化 | 12:06 | comments(0) | trackbacks(0) |
着物を仕立てて
今年の初めに着物を着て新年会に参加する会がありその為着物を仕立てたのですが、
仕立てて初めて知った事が色々ありました。

私の友人に呉服屋がいたので割安で早く仕立て欲しいと去年の暮れに無理を言いました。
まず表地を紬にしたのですが紬にも色々有るようで、大島、結城、上田、他にも、それで出来てきたのが、濃い茶色の上田紬のアンサンブル(羽織と着物が、一緒のもの)でした。
送られて来て初めて知ったのが、長襦袢が派手な事、山水画の様な柄が入っていました。

それで新年会に行き色々な着物を見ると中でも羽織と着物が別々の大島紬の着物を着てきた方の、長襦袢柄全体にカラフルな浮世絵、又は、女性の顔が一杯描かれた物など、とにかく見えない長襦袢とか羽織の裏が凄く派手なのですが、それがまた何となくかっこいいんです。

ある人に、聞いたところ男性は、郭で遊ぶ為らしいとの事でした。でも紬は普段着に成るらしく、正装ではないとの事でした。

また、角帯の結び方など知らなかったのですが、いい機会でしたので、教えてもらいました。一文字、片ばさみ、貝の口(女性でも使う結び方みたいです)など他にもあるようです。
今回は貝の口を教えてもらいました。
本来、日本人が毎日していた事だから何回か結んでみると意外に簡単でした。

また、着た後の畳み方もなかなか合理的で畳み皺が気になりにくい形に畳めるように出来ている事に、感心しました。

いつもは洋服の着こなしばかりを考えていましたが、今回初めて着物の着こなし方角帯の結び方に接し、機会があれば着たり、また、買いそろえたりしてみたいと思っています。

| 文化 | 12:13 | comments(0) | trackbacks(0) |
環境の変化

自分の仕事 ・ 紳士注文服製造販売

最近売れにくい要因としては、
景気の低迷・ 若い世代に対応する感性の不足・オーダー業界のアピール不足 ・・・
等々考えられますが

ひとつに、既製品などの多様化・低価格化により、
「オーダー服馴れした一部の人の為の贅沢な服」というように思う方もあるようですが

服というは自分の個性を引き立たせる為のアイテムであります

特にオーダー服は、
TPOをふまえ、 自分のメッセージを視覚的に表現する、
オンリーワンを 着手と作り手が一緒になり造り上げていくものなのです
 
またそれを身に着けることにより、
自分に自信を持ち・奮い立たせ・思いを伝える・・・言わば、
戦国時代の甲冑・装束に匹敵するものだと思います

「売れるものを売る」というのは商売としては必要なことですが、
そればかりに慣れすぎて、原点の在るべき姿を見落としがちなのかも知れない

余談になりますが、
最近、羊など動物の毛の良質なものが取れ難くなっている
人間の様に服を着ない動物は、温暖化の気候変化に対応し、
寒さを凌ぐためのしなやかな内毛の必要が少なくなり、変化している為のようです

我々も絶滅しないように、しっかりと環境変化に対応して行きたいと思います


〜  つたない文章におつきあい いただき、有難うございました  〜 大 西 〜

| 文化 | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
ルール

はじめまして 寺本と申します。

街中を見ていると洋服のルールを無視した人をよく見かける。「ルール」、そう、洋服にはいろいろと決まり事がある。わかりやすいのが礼服だ。礼服には、着用時間からアクセサリーや靴などまで決まっている。
もちろん、そのルールをすべての人が知っているわけではない。だからテーラーはこういう細かいことをお客様に教えなければならない。売れるからといってお客様の言いなりになって、変わった格好をさせていいのだろうか・・・?お客様は陰で笑われ、最後にはその洋服を仕立てたテーラーも笑われてしまう。

お洒落だからといって何でもしていいのだろうか?

| 文化 | 08:42 | comments(0) | trackbacks(0) |
着る

最近テレビがおもしろくない 規制が多すぎてみんなネットや映画へ はじめまして、大久保です  個人的な思いです ユニクロ 栄えて 国滅ぶ 現状のままでは、アパレル(既製服)は、滅びます いい意味で、いい機会です 一回整理して一からやり直せばいいと思ってます それは、作り手、売り手、買い手、全てです 現状は、買い手至上なので、売り手、作り手が、本来持っている能力が発揮出来ていない状態、買い手の顔色を窺いながら作って、売ってる状況ですが、本当は、買い手の顔色を伺いながら作って、売らないと同じ事の繰り返しだと思います 少しずつでも変えていかないと本当にこの国の物作りは、衰退していくだけの様な気がします                                                 

| 文化 | 17:23 | comments(10) | trackbacks(0) |
マイスターファクトリー

柳瀬です
みなさんこんにちは!
昨日から始まったマイスターファクトリーですが、
大きくは、技術部会と文化部会に分かれ、
週に1度、午前中だけですが、文化部会の講座があります。
今日はその文化部会の初めての授業で、繁田氏が担当される講義でした。

今日は紳士服の定義について、
歴史的背景、言語学的背景を交えながら、
生徒さんや他の講師陣も参加型の、かなり面白おかしな講義内容でした。
自前で作られたテキストを元に、軍服の話やヘンリー14世の話にまで発展していきました!


実際の洋服を題材に、洋服の成り立ちから、
いまのスタイルになるまでの変遷をザックリとマニアックに説明され、


これからどんどん掘り下げた内容になっていくので、楽しみです。


ダブルの意味もしっかり説明され、
そこから、フォーマルとインフォーマル、エレガントとスポーティーという
話題にまで、どんどん膨らんでいき、教室全員参加状態。

座学の場合、眠くなりますが、(笑)
こんな授業なら寝てる暇なんてありません!(爆)

| 文化 | 15:56 | comments(1) | trackbacks(0) |
買い手と売り手
  二番手は、私 大西が書いてみます。

つたない文章ですが最後までお付き合い戴けると幸いです

 

 今、 meister factory という学校で接客について話す

機会が出来ました。

その中で話す原稿をつくる中で、『お客様』と売る側の気持ち

について少し客観的に考えてみました。

 

まず、自分が何かを買う・オーダーする時の事。

例えば食事をしに店へ入って、看板のメニューのものが無くて

店を出てしまう事があった。

店側にすれば、入店した時点で一人のオーダーを見込んでいる。

なのに、客の立場としては、自分の目指すアイテムが品切れをして

満足せず、ある意味その店をキャンセルした。

 

売る側として、『お客様』の要望にどれだけ合わせる事が出来、

タイミング良く案内し、注文戴き、商品・サービスを提供出来るか。

考えてみると選ぶ側の気持ちは自由なので、売り手側の意図には

お構いなく、ある意味勝手な行動と思える事がある。

 

また今のアイテムの場合、食事という食べてしまうと完了する、

一時的な欲求のものになるので、客が“無い”と感じた時、店員が

それに代わるものや今日のお奨めでこんな良いものが・・・と

フォローすれば、そこで注文したかもしれない。

 

 実際自分が商売した時に、その商品は扱っていません・今それは

品切れをしています‥等々、注文を逃している事があったと思う。

 

 商品のことをよく解り、お客様の視線でアイテムを案内し、
ニーズに答えていけるか。

これは商売をしている上で、永遠の課題といえると思う。

 

 また 今・現代、ものや情報があふれている状態だが、

多くは大量生産された均一化されたものがほとんどの様である。

本当に良い本物はかえって少なく、自分の個性に合ったものを

みつけるのは難しく成っている。

 

 私は“オーダー”という仕事の中で、

1)本物が何かを理解し、

2)本当に良いものを薦め、

3)お客様の欲するものを応えていく

という事を基本に、心に据えて行動して行こうと思います

 

〜 意見には個人差があります 〜

 

最後までご清聴有難うございました
| 文化 | 13:36 | comments(0) | trackbacks(0) |